英春流への道のり
英春流かまいたちの愛好者ですが、新英春流の噂を小耳にはさみ数少ない棋譜からヒントを得て自力で英春流を目指しています・・・(^^;)。
プロフィール

みょだ

  • Author:みょだ
  • 英春流かまいたちの愛好者でした。
    新英春流の噂を聞き数少ない棋譜を頼りに、ほぼ自力で新英春流を目指しています(^^;)。
    本家英春流は対振り飛車には右玉で対抗していますが、自分は鳥刺しで対抗しています。



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対居飛車、先手
メールを頂いてしまいました。
このような自己満足のブログの更新を待っていらしたとか・・・。
ありがとうございます、そしてサボってしまってすみませんでした(^^;)。
あっ、でも私の将棋はあまり参考になりません、せいぜい「反面教師」程度ですから(笑)。

人気blogランキングへ






















































































































【楽天市場】日本将棋連盟:将棋盤・駒・扇子・免状他将棋グッズ等豊富な品揃え。段位認定もあり。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/03/17 01:11】 | # [ 編集]


おおー更新してる どれだけ待ったことか もうどうでもいいや 色々ありまして…
【2008/03/20 03:14】 URL | 名無しの英春流使い #cHTeDQAY [ 編集]

祝 復活!
ブログ復活、おめでとうございます。
今、日本のブログ人口は世界でもトップクラス。
やはり自己表現の場があるということは、いいことです。

英春流の使い手がどれほどいるかは分かりませんが、英春流のそれもカメレオン使いとなると僕を入れてももみょださんのみが、現在知られている愛好者でしょう。とても貴重ですね。
棋譜のコメントはのちほど改めて書かせて頂きます。
これからも楽しく将棋を指しましょう。
【2008/03/22 11:52】 URL | ゴレヲ #tZWYN/UE [ 編集]

棋譜の感想
32手目△7四歩までは、僕が指しても同じ感じです。先手は作戦勝ちなので、懸念材料をさがすと桂頭攻めの△7五歩に対する対応ですね。

33手目▲2六歩から動かれましたが、これがどうだったか。後手としては△4二銀、△7二金(または△6二金)、△7三桂等指したい手がたくさんあります。対して先手には有効な手待ちがないようにも見えます。一目僕なら、▲5五歩と位を取りたいところです。飛車は5八で活用して、角は3九を退避場所にしたい。玉は7九から8九への移動が自然でしょう。問題は右金の活用ですかね。5九から6八のルートか、5八から6八のルートですが、手順に工夫が必要でしょう。早晩、6六の角は△7三桂から△6五歩で追われる運命なので、その対処も念頭に入れねばなりません。案外忙しいのです。その意味で本譜の▲2六歩と伸ばし、歩交換を急いだのは疑問かも知れません。ただ33手目の▲5五歩も3五歩の兼ね合いから、伸びすぎの感じもあります。なので歩を手持ちにしたいなら、33手目から▲5五歩△7三桂▲3八飛として、次に▲3四歩を狙うのはどうでしょう。

ちょいと進んで42手に△5四歩と突かれた局面では、次に△5三銀まで許すと、先手が大変そうなので、▲5五歩と動きたいところ。もう一歩あるなら△5五同歩に▲5四歩と垂らし、△5四同銀を誘って、▲2四歩の要領ですが、如何せん持ち歩は一枚。

43手目、▲1五歩から端攻めを敢行されて▲1四歩の垂らしを入れてから▲7九玉ですが、これでは流れがおかしい。駒を損してから(この場合歩損)、自陣に手を戻すのは「最も勝ちにくい手順」です。これなら▲1五歩を入れずに、黙って▲7九玉がいいでしょう。加えて角交換をしたために、懸念材料だった桂頭攻めが厳しく残ってしまいました。1筋攻めは後手玉が中住まいのため、非常に遠い攻めになっており、響きが弱いのですね。

訂正案ですが、43手目▲5五歩と動き、△同歩なら▲5八飛はいかがでしょう。以下△5三銀に▲3七桂と活用して5筋を攻めます。3五に位を取っているために4六銀の天敵△4四歩が突きにくいのが、後手陣のデメリットになっています。

動きすぎて自滅、が本局の印象ですが、中住まい玉はどうしたって、頭が弱いですから、中飛車の展開に持ち込むのが、最良の方策だったでしょう。
【2008/03/26 14:43】 URL | ゴレヲ #tZWYN/UE [ 編集]


いや、ほんとに情けない将棋ばかりで・・・(^^;)。

明日からしばらく福井へ行くことになりました。
家元の石川お隣ですが・・・。
【2008/03/26 17:36】 URL | みょだ #xqsJX7sQ [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/04/03 23:49】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ismyoda.blog4.fc2.com/tb.php/202-09ed69c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。