英春流への道のり
英春流かまいたちの愛好者ですが、新英春流の噂を小耳にはさみ数少ない棋譜からヒントを得て自力で英春流を目指しています・・・(^^;)。
プロフィール

みょだ

  • Author:みょだ
  • 英春流かまいたちの愛好者でした。
    新英春流の噂を聞き数少ない棋譜を頼りに、ほぼ自力で新英春流を目指しています(^^;)。
    本家英春流は対振り飛車には右玉で対抗していますが、自分は鳥刺しで対抗しています。



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対矢倉、後手
なかなか時間が取れず、うぷ出来ませんでした。


人気blogランキングへ

















































































































【楽天市場】日本将棋連盟:将棋盤・駒・扇子・免状他将棋グッズ等豊富な品揃え。段位認定もあり。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
棋譜拝見
棋譜拝見しました。以下、感想です。
28手目先に△7五銀と出てみたい。
32手目囲いは後回しにして、△3四歩から△6四歩として△6五歩の仕掛けをみて圧迫してみたい。
48手目ぬるい。△2四飛とぶつけて▲2五歩を謝らせ、それから△8四飛が手順。
54手目の△8六飛が敗着。角銀交換の駒得で後手優勢も、本譜の順は後手を踏んで不満。ここは△6五桂とさばくチャンス。▲6五同歩なら勿論、△9九角成。
△6八銀と逃げる手には、△3九角から△6六角引成。また、▲4八銀と逃げる手には△7七歩成から桂を入手して△3六桂がピッタリ。また▲5五歩等には△5七桂不成(王手)で手が続きます。
以降は勝負所がありません。
【2007/11/11 15:22】 URL | ゴレヲ #- [ 編集]


2四飛は感想戦で指摘されまして・・・、対局中は気付かなかったですね。
6五桂は今始めて気付きました・・・・・。
ん~~、そのような手に気付かないから強くなれないんですかねぇ・・・。
【2007/11/11 18:00】 URL | みょだ #xqsJX7sQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ismyoda.blog4.fc2.com/tb.php/199-f9be2184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。