英春流への道のり
英春流かまいたちの愛好者ですが、新英春流の噂を小耳にはさみ数少ない棋譜からヒントを得て自力で英春流を目指しています・・・(^^;)。
プロフィール

みょだ

  • Author:みょだ
  • 英春流かまいたちの愛好者でした。
    新英春流の噂を聞き数少ない棋譜を頼りに、ほぼ自力で新英春流を目指しています(^^;)。
    本家英春流は対振り飛車には右玉で対抗していますが、自分は鳥刺しで対抗しています。



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対中飛車、先手
最悪です・・・・・。将棋を指すのが嫌に成ります・・・。


人気blogランキングへ














































































































【楽天市場】日本将棋連盟:将棋盤・駒・扇子・免状他将棋グッズ等豊富な品揃え。段位認定もあり。
棋具を買うならここ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
対中飛車の序盤構想
負け将棋こそ、次回(自戒)への肥やし。
さて、本局の序盤構想について私的見解を書きます。

中飛車側△5五歩をなかなか突かない指し方も、時折現れますね。
本局は5四歩止めのまま△1四歩で端角のぞきの趣向でした。
13手目までなら、同じ指し手を採用します。
15手目・・・以前にも書いたんですが、△5五歩を決めてこないなら、この▲6八銀も急がなくていい、が持論です。ならばどう指すかという問題ですが、▲2六歩がやはり自然でしょう。放置すれば▲2五歩~▲3五銀~▲2四歩の2筋突破が狙いです。
19手目の▲3五歩が疑問の構想。「プレッシャーをかける」が、さほどの効果がありません。前述のように▲2六歩から▲2五歩を急ぎ、3五の地点は銀の出の余地として残す方が良かったでしょう。▲3五歩を決めてしまったために4六銀の進退が難しくなりました。
29手目・・・飛車先を切ったあとの位置は駒のバランスから考えて、▲2六飛が自然です。以後▲3七桂と活用を図りながら、▲7六歩を好機のタイミングでつくこと。

位負けを嫌い、盛り上がったところをうまく叩かれ、作戦負けになりました。6筋、7筋は放棄して2筋、3筋から攻め合いの形を作るべきだった、と思います。
【2006/10/16 10:01】 URL | 55leoleo #tZWYN/UE [ 編集]

ぐぅ・・・・
おっしゃるとぉり・・・。
真面目に精進します・・・。



っと思ってはいるんですが、ビールが手の中にに・・・(^^;)。
【2006/10/16 21:48】 URL | みょだ #xqsJX7sQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ismyoda.blog4.fc2.com/tb.php/154-a8745fa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。