英春流への道のり
英春流かまいたちの愛好者ですが、新英春流の噂を小耳にはさみ数少ない棋譜からヒントを得て自力で英春流を目指しています・・・(^^;)。
プロフィール

みょだ

  • Author:みょだ
  • 英春流かまいたちの愛好者でした。
    新英春流の噂を聞き数少ない棋譜を頼りに、ほぼ自力で新英春流を目指しています(^^;)。
    本家英春流は対振り飛車には右玉で対抗していますが、自分は鳥刺しで対抗しています。



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対矢倉、先手
もっとガンガン攻めてきて欲しいのですが・・・ww。
最近仕掛けるよりもカウンター狙いの方が楽です^^;。


人気blogランキングへ






























































































【楽天市場】日本将棋連盟:将棋盤・駒・扇子・免状他将棋グッズ等豊富な品揃え。段位認定もあり。
棋具を買うならここ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
悩ましい序盤の5手目
初手▲9六歩に対して2手目△9四歩と受けるタイプは、振り党なら当たり前の常識かもしれませんが、居飛車党の場合はおっとりタイプの人付き合いが良さそうにみえて、油断出来ない慎重派とは、以前に書いた通りです。

さて5手目は非常に悩ましい。相手の作戦がなんなのか分からないところで、こちらの態度を決めねばなりません。が、こんなところで悩んでもしょうがないので、本譜のように▲3六歩と決めています。毎日のように類似形を指してますが、15手目は▲3五銀と銀で取るべきです。以前に35の歩交換は飛車にすべし、と書いたので矛盾してるのですが、この形の場合は▲3五同銀として相手の応手を聞いています。①△4三金▲3四歩△2四銀、②△4三金▲3四歩△4二銀③△3四歩▲同銀△同銀▲同飛のだいたい3つのコースがあります。①に銀交換を挑まれる手に対しては▲2四同銀と▲4六銀の引き技があるのでお好みの対応でどうぞ。②のコースは急所に歩が残り、なんの不満がないでしょう。③まさかの△3四歩には▲同銀の一手。実戦ではかなり現れてました。歩得の上に攻めの銀と守りの銀交換ですから、文句は言えません。

46手目あたりから本格的攻め合いですが、形勢は微妙。先手飛車が窮屈ですが、後手玉も薄くいい勝負かも知れません。しかし、この駒組では先手、勝ちにくいが実感です。十分な矢倉を組ませない工夫が必要でしょう。
【2006/10/14 11:43】 URL | 55leoleo #tZWYN/UE [ 編集]


しっかり矢倉に組むのを優先する人はちょっと苦手にしています・・・。
指しすぎて駒損に・・・・・。
そこで、ここ最近では攻めずに(場合によっては英春矢倉を目指し)相手の攻めを待って居たりします・・・(^^;)。

序盤から、バンバン攻めてきてくれるのが面白いんですけどね・・・。
【2006/10/15 09:29】 URL | みょだ #xqsJX7sQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ismyoda.blog4.fc2.com/tb.php/151-8855aa5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。