英春流への道のり
英春流かまいたちの愛好者ですが、新英春流の噂を小耳にはさみ数少ない棋譜からヒントを得て自力で英春流を目指しています・・・(^^;)。
プロフィール

みょだ

  • Author:みょだ
  • 英春流かまいたちの愛好者でした。
    新英春流の噂を聞き数少ない棋譜を頼りに、ほぼ自力で新英春流を目指しています(^^;)。
    本家英春流は対振り飛車には右玉で対抗していますが、自分は鳥刺しで対抗しています。



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対三間飛車穴熊、後手
駒得だと思っていましたが追い詰められていました・・・。
















































































































【楽天市場】日本将棋連盟:将棋盤・駒・扇子・免状他将棋グッズ等豊富な品揃え。段位認定もあり。
棋具を買うならここ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

見事な勝局でおめでとうございます。
無条件で▲7五歩を取れたところでは、作戦勝ちでしょう。
30手目、△8六歩からのさばき合いは自然な流れなのですが、29手目の先手陣はひどいコリ型で、これに肩たたきは親孝行物でしょう。△8六歩は権利としてあるのだから、ここで後手陣の陣容固め(△5二金右等)ではどうでしたかね。

44手目の△8四銀は無筋に見えますが、結果的によく働きました。変わる手は、と考えましたがどれもパッとしません。少し戻って、42手目の△8七飛成のところ、△9九とではいかがですかね。出来れば、後手飛車一段目か二段目にストレートに成りたいところでしょう。先手側、後手飛車の押さえ込みは難しいそうです。

56手目の自陣に引いた△8一竜も多少不満。△5八歩の垂らしはいかがですかね。大して▲6五角のような手なら△9七竜▲9八角△同竜で駒を取りながらの攻めと、後手陣は飛車打ちに強いので十分でしょう。△5九歩成から△6七角打と二七の地点を狙う△1五桂や△3五桂が早く勝ちきれるでしょう。

76手目の香車取りに対する△1四香逃げは自戒して下さい。ここは△1七歩成と詰めろをかけるべきです。(△1四香は一手パスに近い)対して▲同銀は△3九竜がまた詰めろなので、▲1七同桂でしょうが△同香成がまた詰めろで▲同銀とは取りにくい。▲1八歩受けくらいでしょうけど、△1六歩とつなぐ。結構、手がつながるはずです。

90手目は4四の成銀をとるなら、2二の銀を取りたいところ(▲3三桂成に△1一王の意)、ですが、それよりもこの瞬間後手玉がゼなのでここでも△1七歩が利きそう。金駒さえ渡さなければ詰めろの連続で勝てます。

全体的に踏み込みが「甘い」が印象でした。
【2006/07/25 11:05】 URL | 55leoleo #- [ 編集]


「踏み込みが甘い・・・」・・・・・厳しいお言葉・・・。
確かに今振り返ると、消極的が目立ちますね・・・。
対穴熊の時は陣形の差がありすぎるので、ついつい躊躇してしまいます・・・。
3三桂成り捨てからの攻めが、思いのほか際どかったので余計に情けない指し手になってしまいましたか・・・?

反省反省・・・・・(^^;)。
【2006/07/25 22:44】 URL | みょだ #xqsJX7sQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ismyoda.blog4.fc2.com/tb.php/140-e28c6183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。