英春流への道のり
英春流かまいたちの愛好者ですが、新英春流の噂を小耳にはさみ数少ない棋譜からヒントを得て自力で英春流を目指しています・・・(^^;)。
プロフィール

みょだ

  • Author:みょだ
  • 英春流かまいたちの愛好者でした。
    新英春流の噂を聞き数少ない棋譜を頼りに、ほぼ自力で新英春流を目指しています(^^;)。
    本家英春流は対振り飛車には右玉で対抗していますが、自分は鳥刺しで対抗しています。



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対居飛車、後手
サークル棋戦より・・・。
Rの差がある割には前回負けている。かみ合ってしまうのでしょうか?
今回も、ごっそり30ポイント、持っていかれてしまいました・・・(^^;)。
正直、凹みます・・・。w






























































































































【楽天市場】日本将棋連盟:将棋盤・駒・扇子・免状他将棋グッズ等豊富な品揃え。段位認定もあり。
棋具を買うならここ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

20手目までなら小生も同じ手順を踏みま

す。ここから10手くらいの模様取りが難

しい。
22手目3五の歩取りは権利として残って

いるので△1四歩の余裕が欲しい。
24手目相手が低姿勢で構えるのもよくあ

る形で、後手の選択肢も広いところ。本譜

の△7四飛は最善とは思ってますが、△7

三桂や△7六歩、△4二銀の余地もあり暗

中模索。

34手目の△5一金は難しいところ。この

まま(△6一金の据え置き)△3一王とし

た方が角道を開けやすくなり、飛車を渡し

たときの△7一歩受けを用意していいので

は、と思い始めています。

40手目△3四歩はなかったでしょうかね

。▲4七歩成なら△8八角成▲3二と△同

王と激しい将棋になりますが、角金交換プ

ラス馬残りなら後手面白いでしょう。この

タイミングで△7七歩もありそう。

46手目は素直に△5七桂成でしょうね。

▲同金に△6四銀と角の態度を聞くべきで

した。▲4四角なら△4三歩と傷を消しな

がら先手を取れる。▲3七角なら△3四歩

として角成をみせる。(▲4六角や▲2八

角は筋悪でしょう。)▲6四同角は無理そ

うなので、▲8八角が妥当でしょうが、こ

こで落ち着き△4三歩と手を戻す。

54手目では△1三角がありそう。敗着に

思えるのは60手目です。ここは△2五歩

と突き出し、△5三角成をみせるところ。
△7七銀成から△6五桂もあり、飛車もすぐさばけそうです。先手陣形はまとめようもなく、優勢に展開できたでしょう。

全体的に素直すぎる手が多く、先手の言いなりになってしまった感じです。もっと、複雑に、ですね。
【2006/05/22 13:56】 URL | 55leoleo #- [ 編集]


はははっ、褒められてしまいました・・・、「素直だ・・・」って・・・。
えっ?褒め言葉じゃ無いですかっ?(笑)

うぅぅぅぅぅっ、気合と根性を何とか・・・ww
【2006/05/22 20:48】 URL | みょだ #xqsJX7sQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ismyoda.blog4.fc2.com/tb.php/134-4a641ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。