英春流への道のり
英春流かまいたちの愛好者ですが、新英春流の噂を小耳にはさみ数少ない棋譜からヒントを得て自力で英春流を目指しています・・・(^^;)。
プロフィール

みょだ

  • Author:みょだ
  • 英春流かまいたちの愛好者でした。
    新英春流の噂を聞き数少ない棋譜を頼りに、ほぼ自力で新英春流を目指しています(^^;)。
    本家英春流は対振り飛車には右玉で対抗していますが、自分は鳥刺しで対抗しています。



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対三間飛車、先手
フリー対局より・・・。
























































































【楽天市場】日本将棋連盟:将棋盤・駒・扇子・免状他将棋グッズ等豊富な品揃え。段位認定もあり。
棋具を買うならここ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

対三間に▲3七銀。課題にしてる局面です。家元が指せるというからには指せるはずなんですが、まだ自信がありません。みょださんとは反対に最近の対戦は居飛車戦ばかりで、対振りに弱くなりました。(なんとかしなくては、、、)
さて、本局は飛車交換になってはしまったけれど、まぁまぁの分かれだったと思います。大いに不満は▲8五香の重ね打ち。8六の香車一本でもかなりの重圧を与えているので、8三の地点にこだわらず、もっとからめて攻めるべきでしょう。具体手をあげますと37手目▲5三桂不成(△同銀なら▲1一角成の狙い)。41手目の飛車打ちはまだ早い。平凡に▲3四歩として角のさばきにめどが欲しい。1一の香は角で拾う方がいいでしょう。45手目の▲6五角はぴったりのようで、打たされた角とも言えそう。▲6六角と出る手はいかがでしょうね。(△5五銀なら▲5三香で勝負)次ぎに▲8六香でも相当です。で、49手目の不満手の局面になるわけですが、3三の桂がいなくなったので、4四の銀いじめが軽くなってしまいました。数手前で▲4五歩△同桂▲4九香のような手の方が自然でしょう。
なにか力押しで無理やり押し切ろうした印象です。攻めはもっと軽く、、、盤上の駒を最大限に活用して下さい。
【2006/05/11 17:58】 URL | 55leoleo #- [ 編集]


^^;;;;;
厳しいご指摘ありがとうございます。
コメント書いたりしていると、自分の至らないところも見えてきたりしますが、やはり第三者の方に言ってもらうと新たな「気付き」がありますね・・・。

とりあえず、いろいろ考え数をこなしていきたいと思います。

【2006/05/12 20:45】 URL | みょだ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ismyoda.blog4.fc2.com/tb.php/132-a341a971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。