英春流への道のり
英春流かまいたちの愛好者ですが、新英春流の噂を小耳にはさみ数少ない棋譜からヒントを得て自力で英春流を目指しています・・・(^^;)。
プロフィール

みょだ

  • Author:みょだ
  • 英春流かまいたちの愛好者でした。
    新英春流の噂を聞き数少ない棋譜を頼りに、ほぼ自力で新英春流を目指しています(^^;)。
    本家英春流は対振り飛車には右玉で対抗していますが、自分は鳥刺しで対抗しています。



リンク

このブログをリンクに追加する



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相居飛車、力戦
R差500以上、戦う前から「勝てる訳無い」っと・・・。
でも、まぁ、めったに無いチャンスだし・・・、負けると思っていればかえって気が楽。

人気blogランキングへ


































































































































寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)

新品価格
¥1,470から
(2010/10/28 22:28時点)


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/04/20 09:45】 | # [ 編集]

Re: 重い銀の重ね打ち
いやいやいや、改めてコメントいただくと恥ずかしいですねw。
まぁ、途中良くなったと思ったので勝ちたかった、悔しいですね。

▲5五歩には5七銀がありましたかぁ、角を替えられるのがイヤで指したのですが、弱気でしたか?
▲8七金のところは自分でもどう指したらよいかわからず迷っていました。
その迷いがそのまま現れてしまいましたね。
▲2四銀ですかぁ?怖くて指せないし、思いつきませんわぁ。
87手目ですかぁ、その時はその前の自分の指し手に呆れて戦意喪失しかけていたと思います。
実際にはまだあきらめる場面ではなかったですか・・・。
自分から「試合終了」してしまいましたね・・・。反省。
【2011/04/20 23:10】 URL | みょだ #- [ 編集]

棋譜の精査で再投稿
 *先の投稿では「管理人だけ...」をクリックしてしまい、読み返すことが出来ないのと、新たな変化を書き込みますので、ダブった部分はご容赦下さい。

 17手目▲5五歩には気になる変化があります。本譜進行で23手目▲5七銀の瞬間、△6四歩(本譜は△3二銀)が成立しそうなのです。角取りなので▲同桂しかありませんが、一旦△5二金右と桂成を防いだあとに、△6四歩の桂取りを見せられると先手はやたらと忙しいのです。この変化に自信がないと、17手目はやはり家元の▲5七銀が正着かと。

 30手目~40手目あたりは双方に?がついて飛ばします。

 60手目の△4二銀は負けていれば後手の敗着でしょう。▲2四歩~▲2三銀と機敏な攻めが決まり、先手が優勢です。68手目▲3三成銀と角と取った手は淡白。ここは▲4五銀と砲門を開きたかった。以下①△2二角の逃げには、▲2三歩の叩きやら、▲5三歩△同歩▲5四歩が入り、先手必勝です。②△4三歩の催促が最善に思われますが、一本▲5三歩(詰めろ)を利かし、△同歩に▲3三成銀△同桂▲3四銀でどうでしょ。最終の▲3四銀では▲5四歩と合わせたいところですが、△4五桂▲5三歩成に△5七歩の叩きが入るので自信がありません。

 71手目玉を固める▲3八玉は自然に見えて、流れがおかしく感じます。△4二玉との交換となりましたが、後手が得をした印象です。続く75手目▲7六歩も流れが変です。
 3筋を攻めて(▲3三成銀)→自陣に手を戻し(▲3八玉)→そっぽの攻め(▲7六歩)と手を並べただけで一貫性がありません。最後の▲7六歩では▲7二歩として相手を催促した方がまだ得策だったと思います。

 しかし・・・数手進んだ81手目▲3五角成の局面は先手優勢以上。お見事。
 しかし・・・103手目以降は必敗形です。この間が問題でした。

 本譜の進行で83手目▲4五銀が遅すぎたのです。飛車を転回した57手目から26手近くかかっています。
 具体手としては先の投稿にあげた86手目△6六銀に対する▲7二銀不成です。以下①△6七銀成に対しては、▲6三銀成△5八成銀でしょうが、この瞬間は先手玉が詰めろになっておらず、▲6一飛(詰めろ)で一手勝ちです。②△5三金の変化が厄介ですが、▲同飛成と切り込むか、▲6一飛と打ち込むか感性を問われる展開となるでしょう。
おそらくみょださんの敗着は、コメントになかった87手目▲6六同歩と思われます。

 怪しい感想ですが、みょださんの棋力向上を願って止みません。
 将棋は格闘技、サバイバルゲームでもあります。生き残りをかけて必死に手を模索すること。優勢になったときが一番危ない。心理的に「どうやっても勝てそう」に見えると、最善手の発見が甘くなるのですね。選択支が増える分、間違いやすいとの意見もあります。
 指し手に一貫性を持たせることも重要です。前の手との関連ですよね。方針を決めれば、その方針に沿った手を組みたてれば良い。そう難しい選択ではありません。
攻め出したら、攻め続ける。攻め出して後手を引くのは最悪のパターンです。後手を引きそうなら攻めだす前に受けておく余裕は欲しい。

 長々と失礼しました。また元気な棋譜を拝見したく存じます。
【2011/04/21 10:51】 URL | 55leoleo #SnuvRcC2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ismyoda.blog4.fc2.com/tb.php/221-f4f03739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。